グループウェアの施設・会議室予約機能とは

施設・会議室の予約とありますが、プロジェクターや社用車両などの備品の管理などにも利用できる機能です。この機能の基本的な仕組み・利用方法は誰が(どんなメンバーが)、何時(いつまで)、何を利用しているかがメンバー全員で確認できるようになるというもので、グループウェアの主要機能の一つとなっています。設備や備品など有限の資産の利用権を明確にすることで、いつ何が使えるか施設の空き状況が一目で簡単にわかるようになります。
本サイトで紹介している施設・会議室予約機能を持つグループウェアASP(SaaS型含む)はどれもがスケジュール機能と連動しており、メンバー同士のスケジュール調節と施設・備品の予約を同時に行うことができます。
この機能があればよく社内でトラブルの種になる、誰が使っているかわからない、何時になったら空くか分らない、ブッキングしていて使えないなどといった、これまで手間の掛かっていた設備の利用権をインターネットから24時間いつでもどこからでも予約することができるようになるため仕事の効率化に役立ちます。

グループウェアASP(Saas型)の一括資料請求

GRIDY サイボウズOffice8 J-MOTTO
Aipo-ASP Group Session Google Apps

お名前
Email